ヨガと暮らしの記録

東京でヨガを学びながら、子育てをしています。

布オムツと紙おむつ

息子が産まれて一ヶ月が過ぎました。

一ヶ月検診では退院時から1.5キロの体重増。

身長も8センチほど伸び、すくすくと成長している様子がうかがえました。

 

病室で一緒だったお母さんたちにも再開。

みんなそれぞれの育児をがんばっているみたいです。

とっても励みになります。

 

さてさて、今日はオムツの話。

 

産まれる前から布オムツを使ってみたいなーっと思っていたのですが、

自分なりにここ一ヶ月感じたことをまとめてみます。

 

布オムツに必要なものは。

布おむつ本体、そしてカバー。

この二つがあれば、紙おむつの変わりになります。

今私が使っている布おむつは輪オムツ。

他にも成形オムツや、紙おむつの様な形をした布オムツもあります。

 

母曰く、昔は布を買ってそれを輪オムツに仕立てて縫ったんだよと。。。笑

私はインターネットで仕立て済みの輪オムツを購入しましたー^^

折角肌にあたるものだからと時期はオーガニックコットンを選択。

 

オーガニックコットンの輪オムツもいくつかのメーカーから出ていますが、

サンプルに3種類ほど一枚ずつ購入して、数回選択をしてみてから決めました。

 

 

それからカバー。

カバーもいろいろな種類があるようで。

こちらもいくつか実際に現物を見てマジックテープ式が主流ですが、

出来るだけ、赤ちゃんがびっくりしないようマジックテープの音がうるさくないものや、

固くないものを選んで購入しました。

 

自分が使うんだったらやっぱり着心地だよなーと、

こちらもオーガニックコットンの柔らかなカバーを選択。

 

赤ちゃんが産まれる前、何が一番良いか実験。

 

紙オムツはいくつかのメーカーを集め、布おむつも合わせて、

甥っ子たちにどれがつけ心地が一番いいか聞いてみたり。

吸水性を確かめる為に、お水を吸わせてみたり。。。

 

布おむつは洗濯するごとに給水性があがっていきました。

紙おむつはさすが、という感じで。

あっという間にお水を給水。どのメーカーも遜色無くすばらしい給水力でしたー。

 

息子が産まれて退院するまでは、病院で支給される紙おむつを使用。

一番最初に思ったのは、一体どの程度おしっこをしているのかわからないということ。

 

病院ではおしっこやうんちの回数を毎日記録するように指導されていたのですが、

もちろん線が変わって交換というのはあるけれど、

線が入っていない場所におしっこをしていたり、

ほんの少しだけおしっこをしていた場合には、見た目には全然わからず。。。

実際に手で触ってグニグニしている場所を探してみたり。。

 

それにおしっこが出た、うんちが出たから赤ちゃんが泣くということも無く、、、

お腹がすいて泣く以外はすやすやと寝ていました。

 

そういう点では、布おむつは一目瞭然。

おしっこをすれば泣いて教えてくれるし、

こちらもどこにどれだけのおしっこをしているのかすぐわかりました。

 

紙おむつだと一日10回程度だったおしっこの回数が、

布に変わったとたん20回に。

でもきっと紙おむつでも同じ回数していたんだろうなーと。。。

 

でも、寝ていても布だと起きてしまう確率の方が高いので、

その点、紙おむつはぐっすり眠れるというメリットが。。。

 

なので、私の場合は朝昼は布、夜は紙という感じで併用しています^^

それからオムツの洗い方について。。。

 

布は洗濯が面倒だーなんてこともあるけれど、

おしっこの場合はさっと洗って、絞ってから、

バケツにつけ置きしてから洗濯すれば全く問題なし。

紙でもオムツ替えの時はどうせ手を洗うから全然面倒だとは思いません。。。

 

問題はうんちのとき。

折角こだわって購入した布オムツだから出来るだけ黄ばみや匂いが残らないように、

きれいにつかいたいなーっと。。。

離乳食が始まるまではゆるゆるうんち。

うんちをしたらとりあえず、お風呂のシャワーで流します。

シャワーの水圧を強くして、一気に水圧でうんちを落とします。

その後、黄ばみが強い時は固形石鹸をつけて軽くもんでから、つけ置きをするとキレイになります。

 

洗剤は服を洗うのと同じ、みよしの赤ちゃん用の洗剤を使っています^^

すすぎは3回。。

 

 

洗濯板を使って洗っていたり、

漂白剤を使ったりする方法もあるみたいだけど、今のところはこの方法で。

 

それから、お尻ふきも布おむつの時は布を使うように。。。

コットンや市販のものだと返って別々に捨てにいく手間ができてめんどくさいので、

どうせなら洗ってしまえーっと。

これが意外とよくって、赤ちゃんのお尻にも良いようです^^

 

でもまた季節的にお尻が蒸れやすい時期に入ってくるので、

またいろいろ実験しながら、適宜良い方法を模索していくつもりです^^